教えて季節によって脱毛が多い症状

もうご存知と思いますが、頭皮環境が変わりやすい季節は秋が一番多い季節ですよね。
しかし、「春」「梅雨」「夏」の季節にも脱毛が起きることがあります。
「ストレス」や「円形脱毛症」は春先が多く「びまん性脱毛症」は冬・梅雨などの湿気が多い時に発症する率も高いようですので気を付けてください。

また、根本的には下記に記載する基礎的なケアを実施しつつAGA専門のクリニックに受診することが解決への一番の早道です。

◇春 転勤・入社・入学が多い時期は、一過性脱毛症が多い

春先はどこでも「ピリピリ」緊張して迎えるところが多い季節です。
花粉症の季節と重なり大変な人も少なくないのではなでしょうか。
春先によく聞く精神的に影響が出る症状として、うつ病・他の心理的障害・胃痛や下痢の症状と脱毛症も意外に多いのがこの季節です。男女共に起こることが多い季節なので「ストレス」には特に注意が必要な季節です。

◇梅雨 湿気が多い冬・梅雨の季節はカビ菌の繁殖が盛んになる

湿気が多い季節は部屋の除湿も頻繁にしなければなりませんよね。
頭皮も潤いが出てよさそうな季節ですが、「カビ菌」が増殖する季節でもありますので、入浴後はしっかり乾かさないと増殖の原因を作ってしまいますので湿気対策も必要です。

◇夏 夏場の日焼けはかなりのダメージが

最近の気象状況は、私たちが過ごした頃よりも気温が高すぎているため、熱中症の症状が後を絶ちませんよね。頭皮のダメージも相当影響を受けている状態なので、秋口には大変な量の抜け毛があるのも納得できます。
夏場は、「日差しと熱」に対する対策が必要ですので、頭皮ケアをしっかりしておくことが肝心です。

このように1年を考えてみても脱毛が起こりそうな季節は多いですね。
「ストレス」から始まり「湿気」「日差しや温度」の問題が常にあり、それに対応していかなくてはなりません。
生活バランスが崩れそうなときは、サプリメントや栄養を十分に補って対策を立てておくことが必要不可欠になっています。「栄養補給」+「睡眠」+「頭皮ケア」を忘れずに行うようにすることが脱毛予防につながり健康な身体と頭皮環境を維持します。