AGAの治療薬について確認してみよう

現在ではAGAの治療薬が開発されています。
今では多くの使用者がおり、結果も報告されております。
AGAの原因と言うのは、男性ホルモンである「テストステロン」がが5aリダクダーゼという酵素により、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という脱毛を促進させるホルモンに変換されてしまうことにより、進行します。
その5aリダクダーゼを抑制する薬があります。
それはフィナステリドという薬です。
この薬の服用者の症状は、脱毛が止まったという症例が約40%、新たな髪の毛の発毛が見られたという症例が約50%と言われています。
なのでAGAの治療薬としてはとても良い効果を発揮しています。
この結果はAGA患者にはとてもうれしいことで、今でも多くの患者の味方になっています。
フィナステリドの効果は主に、M字の部分や、生え際に効果があります。頭頂部などには効果が無いので、その辺はちゃんと調べておきましょう。
しかしこの薬には副作用があります。副作用が現れる確立は低いのですが、髪の毛と引き換えに病気になってしまっては効果がありません。ここでフィナステリドの副作用について紹介して行きたいと思います。
・性欲減退
・勃起不全
・精子の減少
・肝障害
などがあります。
主に生殖器系に副作用が出ると言われています。
女性にモテるためにフィナステリドを服用する人がほとんどだと思いますので、いざとなったときに、このような副作用が出ないとも限りませんので、服用には注意しなければなりません。
また服用してからは、半永久的に飲み続けなければ、効果はなくなってしまいます。お金や時間のことも考えて服用していくか、していかないかを考えて生きましょう。
しかしながら、服用すれば結構な確立で効果が見られますので、子供が大きくなった男性などはいいかもしれません。
また女性は服用禁止になっていますので、絶対に服用しないでください。
この薬はAGAの病院などで処方してもらえますが、個人で入手することも可能です。偽者も多いので、注意しましょう。