癖毛と直毛とAGA

よく癖毛の人は禿げないといいます。
しかしそんなことはありません。
癖毛の人は禿げないといわれているのは、癖毛でうまく頭皮の薄い部分が隠れていたりするからでしょう。
そして黒人の方はかなりの癖毛で、禿げていることが少ないからということもあります。
まず黒人の人は、禿げていても頭皮も黒いので禿がとても目立ちにくいという特徴があります。
なのでそのように見えることもあるでしょう。
癖毛の人は基本的に、髪の毛がしっかりしているので薄毛になりにくいですが、もちろんAGAのリスクはあります。
AGAというのは髪質に関係なく忍び寄ってくるので、髪質の問題ではありません。
最近では癖毛の人も髪の毛が薄い人がよくいます。
これは髪の毛を直毛にするために、ストレートパーマなどを行い、頭皮に悪影響を及ぼしてしまったからでしょう。
このような風説のせいで、癖毛の人がAGAに関して甘く見ているということもあるかもしれません。
では直毛の人はどうなのか?
直毛の人といのは、薄毛になると頭皮との境目が目立ちやすいです。
なので薄毛が進行してくると、かなり分かりやすくなります。
しかしその結果早期発見につながりやすいです。
結論は髪質などはあまり関係なく、AGAの症状は付きまといます。
髪質などに過信せず、頭皮のケアを行っていくことが重要になります。
そして日本人は直毛の人の割合が非常に多いので、癖毛の人は禿げにくいというイメージがついているのでしょう。
癖毛の人は、癖毛を気にしているので、短髪の人が多いです。
その結果、ワックスやムースなどの整髪料をつける機会も少なく、しっかりシャンプーで頭皮を洗えています。
なので頭皮の環境がいい状態を保つことができます。
その結果、薄毛になりにくいということもあるでしょう。
健康的な頭皮を保つことにより、髪の毛もいい状態が続きます。
AGAと髪質は直接関係しませんが、髪型を気にする上で、癖毛の人のほうが頭皮は清潔に保たれているのかもしれません。
最後に、髪質に関係なく、薄毛(AGA)で困っていて解決したいと考えている場合は、AGA専門のクリニックで治療をするべきです。適切な治療を行ってもらえるので様々な悩みから開放されるでしょう。初回カウンセリング無料のAGA専門クリニックを紹介しているような治療費について解説しているサイトもありますので、参考にしてみるといいと思います。

AGA治療のおすすめはココ:http://agaの治療費はココで解る.xyz/